ジャンル

著者タイトル価格解説
佐藤清文文芸批評家石橋湛山100円

湛山は、まぎれもなく「批評家らしい批評家」である。『東京毎日新聞』や『太陽』、『中央公論』、『日本及日本人』、『早稲田文学』などに文芸・思想・社会をめぐる批評を発表し、文学界からの湛山に対する文芸批評家としての評価は非常に高い。  『新小説』一九〇九年(明治四二年)八月号の「寸鉄」は二四歳の湛山を片上天弦や相馬御風、中村星湖以上の批評家と次のように賞賛している。

佐藤 清文文芸批評家石橋湛山100円

九〇七年(明治四〇年)、二五歳の生田長江は、『文学入門』の「批評と批評家」の章で、今の文学界には「批評家らしい批評家」がいないと嘆いている。しかし、湛山は、まぎれもなく「批評家らしい批評家」である。『東京毎日新聞』や『太陽』、『中央公論』、『日本及日本人』、『早稲田文学』などに文芸・思想・社会をめぐる批評を発表し、文学界からの湛山に対する文芸批評家としての評価は非常に高い。  『新小説』一九〇九年(明治四二年)八月号の「寸鉄」は二四歳の湛山を片上天弦や相馬御風、中村星湖以上の批評家と次のように賞賛している。

佐藤清文文芸批評家石橋湛山100円

ヴィクトリア朝で三度首相を務めたベンジャミン・ディズレーリは小説家出身だったことで知られているが、日本でも、物書きから首相になった人物がいる。石橋湛山がその人である。

佐藤 清文文芸批評家石橋湛山100円

九〇七年(明治四〇年)、二五歳の生田長江は、『文学入門』の「批評と批評家」の章で、今の文学界には「批評家らしい批評家」がいないと嘆いている。しかし、湛山は、まぎれもなく「批評家らしい批評家」である。『東京毎日新聞』や『太陽』、『中央公論』、『日本及日本人』、『早稲田文学』などに文芸・思想・社会をめぐる批評を発表し、文学界からの湛山に対する文芸批評家としての評価は非常に高い。  『新小説』一九〇九年(明治四二年)八月号の「寸鉄」は二四歳の湛山を片上天弦や相馬御風、中村星湖以上の批評家と次のように賞賛している。

佐藤 清文文芸批評家石橋湛山100円

九〇七年(明治四〇年)、二五歳の生田長江は、『文学入門』の「批評と批評家」の章で、今の文学界には「批評家らしい批評家」がいないと嘆いている。しかし、湛山は、まぎれもなく「批評家らしい批評家」である。『東京毎日新聞』や『太陽』、『中央公論』、『日本及日本人』、『早稲田文学』などに文芸・思想・社会をめぐる批評を発表し、文学界からの湛山に対する文芸批評家としての評価は非常に高い。  『新小説』一九〇九年(明治四二年)八月号の「寸鉄」は二四歳の湛山を片上天弦や相馬御風、中村星湖以上の批評家と次のように賞賛している。

佐藤清文文芸批評家石橋湛山100円

ヴィクトリア朝で三度首相を務めたベンジャミン・ディズレーリは小説家出身だったことで知られているが、日本でも、物書きから首相になった人物がいる。石橋湛山がその人である。