ジャンル

著者タイトル価格解説
岡崎佑哉闇雲学園給食開始100円

 決して波風の立たない平和な闇雲学園に、一人の転校生、阿波原人がやってくる。野生の感覚と恐れを知らぬ大胆さで教頭をおちょくり、知識ゼロのままで難関の編入試験を通過した彼は、すぐにこの学園に隠された闇に気づく。  一方、何事も現実主義の、仕事が速い転校生、池笛清明が書記に就任して以来、生徒会執行部の会長、勧修寺くるみ、副会長の花酉風津希はすっかり暇になった。ここに生徒会室の床をぶち壊して原人が迷い込み、執行部のメンバーがそろう。  翌日高校なのに唐突に給食が始まる。会長が設置したカメラを見ると、そこにはかつての学園の暴れん坊で、突然失踪した生徒たちが映っている。失踪はこの学園では非常に多く、そのことは代々、生徒たちの公然の秘密である。  揉め事を放っておけない性格の原人に煽られ、突っ走ろうとする四人の前に校長が立ちはだかり、学園から消えた者たちが棲む陰殺魔界の存在を明かし、わざとらしく行かないように念を押すので、逆に四人は動かざるをえない状況となる。  学園の旧館地下へと降りる陰殺魔界の入口で、割とレベルの低い陰殺魔界団との最初の戦闘後に、魔界そのものが語りかけ、乗り気じゃない四人はシカトして元に戻るのだが、そこは既に微妙に、しかしすべてが違う世界だった。  苦労して学園を抜け出し、奇妙に過去の駅前で魔界団と戦い、電車(日本国有鉄道→省線事業→JR)の中で陰殺魔界が四人を時空の闇に引きずり込もうとし、といった具合にとめどなく妨害が続き、四人の前に時代が面白いくらいに揺れ動く。  自転車を並べてようやく隣町で原人のばあちゃんに会い、現実世界と魔界の関連を教えられた彼らは、帰りに電車に乗り合わせた陰殺魔界団が、現実世界の学園を破壊するためにこの関連法則を利用していることを知る。  この法則を呼び出すために魔界にさまよいこんだ女子高生=巫女が暴行を加えられている場所に忍び込み、彼らのターゲットが山奥の神社であることを知り、最終決戦へと向かう。  ようやく陰殺魔界団に勝利を収めた四人だが、最後に陰殺魔界=世界そのものが唐突な火砕流によって自分=世界もろとも四人を滅ぼそうとする。教会にたどり着き、何とか世界を全滅から救い、一命を取り留めた四人は、ちょっと名残惜しい気持ちでようやく生じた元の世界への穴に飛び込み、心配して待つ校長のもとに帰るのだった。

水月さなぎ銀冠のウィザード100円

内容紹介用文章  マギリンガー、と呼ばれる人間が存在する。  彼らは魔法の力を操り、不可能を可能にしてゆく。  彼らの使える魔法はそれぞれで違う。  自らが強く望んだこと、心の在り方、使いたい力、育った環境などによって、使える力に変化が出てくる。  あらゆる力を指して魔法と呼ばれる。  これはマギリンガーの少女たちと、過去への復讐を誓う一人の青年の物語である。  以下、メインキャスト達による簡単な内容紹介っぽいものです。 第1話『初めての敗北』 マキナ「っていうかこれ私たちが初めて負けた話よね。それを自分で紹介するってあり得ない……」 レイス「仕方ないよ。だって主人公だもん」 ハヤト「そうそう。主人公なんだから諦めろって」 マキナ「あー! いつの間に!」 ハヤト「仕方ねえじゃん。俺も呼ばれたんだってば。まあ一応1コマ出ておけば仕事は果たしたよな。んじゃとんずらするか!」 マキナ「待てーっ!」 レイス「はいはい。仕事を投げ出したハヤトくんに代わって紹介すると、この第1話はマキちゃんがハヤトくんにぼろ負けするお話でーす♪」 マキナ「ぼ、ぼろ負けしてないもん! ちょっと油断しただけだもん」 ハヤト「一撃だったくせに……」 マキナ「うるさーいっ! っていうか待てーっ!」 第2話『ディストルーク・ハリエットの影』 マキナ「はう~。やっとたっくん見られる~」 レイス「……人が局長に気の重たい報告をしているときにそういうことをされると地味に腹立つわよね」 ハヤト「ご愁傷様だな」 レイス「……主にハヤトくんの報告なんだけど?」 ハヤト「……ノーコメントでお願いします」 第3話『再会!?』 ハヤト「逃げ切れたと思ったらあんな場所で鉢合わせとか……マジでありえねえ……」 マキナ「映画館だもんねぇ」 レイス「そして魔法少女グッズ……ふふふ」 ハヤト「言うなーっ!」 マキナ「うう。それについては私も複雑だよぅ。あれだけ辛酸を舐めさせられた相手のすごく残念な部分を見せられた気分……」 ハヤト「ほっとけっ!」 レイス「……いや~。二次元限定幼女愛好家もアイドルオタクもわたしから見れば大差ないんだけどなー」 マキナ・ハヤト「「そんなことないっ! 絶対こっちの方がマシだってばっ!」」 レイス「はいはい。低レベルなことで火花散らさないの」 第4話『レイスのおちゃめな罠』 ハヤト「つーかおちゃめで済むようなレベルじゃねえし。いったいどんな悪夢かと思ったぜ……」 レイス「失礼ね~。穏便に事を運んだつもりなのに~」 マキナ「いや、さすがにアレはハヤトに同情するよ。一種のいじめだよアレは……」 ハヤト「だよなぁ」 マキナ「うん。でもレイスにそれ以上文句を言わない方がいいよ。恐ろしい仕返しが待ってるかもしれないから」 ハヤト「う……あり得そうでマジ怖い……」 第5話『天空回廊攻防戦』 マキナ「あれはしんどかったね……」 ハヤト「だな……」 レイス「っていうか新キャラ登場だし? 何あの黒幕一直線的なヒト」 ハヤト「まんま黒幕だろ。逃がしたのは痛かったけどな」 マキナ「うう。めんご……」 ハヤト「まあ気にしなくていい。またチャンスはあるだろうし」 マキナ「うん。次は協力するよ」 ハヤト「期待してる」 レイス「はいはーい。そこ2人だけの空気作らないでくださーい!」 第6話『新しい絆』 レイス「ほらほら、知ってること洗いざらい吐きなさいよ。カツ丼出すわよ」 ハヤト「……なんで刑事の取り調べ風?」 マキナ「お腹空いた……」 レイス「そうだねマキちゃん。じゃあごはん食べにいこっか」 マキナ「いく!」 ハヤト「って、待てー! なんで俺まで引きずっていくんだーっ! はーなーせーっ!」 終章『銀冠のウィザード』 ディストルーク「おや。我々の出番もあるようだ。メインキャスト扱いしてもらえている、ということかな?」 ムツミ「……いや、単純にこの章って僕たちしか登場していないから他のキャスティングが出来なかっただけだと思いますよ」 ディストルーク「ははは。まあどうでもいいことだ。せっかくの出番なのだから楽しもうじゃないか」 ムツミ「出番っていうか、紹介なんですけどね」 ディストルーク「というわけでラスボス予定のディストルークだ。みんなよろしく。いえーい」 ムツミ「ラスボスの配下そのいち、ムツミです。よろしくお願いします」 ディストルーク「さあ! 黒幕っぽく暗躍するぞ!」 ムツミ「了解です、博士」 ジャンル:ライトノベル 作・画:水月さなぎ 文字数:96,927字

水月さなぎ銀冠のウィザード(第2版)100円

※システムの不備によりルビ表示の文字が消えているため、第二版を出すことになりました。  ご迷惑をかけて申し訳ありません。  こちらの方は修正されていますので、よろしくお願いします。  マギリンガー、と呼ばれる人間が存在する。  彼らは魔法の力を操り、不可能を可能にしてゆく。  彼らの使える魔法はそれぞれで違う。  自らが強く望んだこと、心の在り方、使いたい力、育った環境などによって、使える力に変化が出てくる。  あらゆる力を指して魔法と呼ばれる。  これはマギリンガーの少女たちと、過去への復讐を誓う一人の青年の物語である。  以下、メインキャスト達による簡単な内容紹介っぽいものです。 第1話『初めての敗北』 マキナ「っていうかこれ私たちが初めて負けた話よね。それを自分で紹介するってあり得ない……」 レイス「仕方ないよ。だって主人公だもん」 ハヤト「そうそう。主人公なんだから諦めろって」 マキナ「あー! いつの間に!」 ハヤト「仕方ねえじゃん。俺も呼ばれたんだってば。まあ一応1コマ出ておけば仕事は果たしたよな。んじゃとんずらするか!」 マキナ「待てーっ!」 レイス「はいはい。仕事を投げ出したハヤトくんに代わって紹介すると、この第1話はマキちゃんがハヤトくんにぼろ負けするお話でーす♪」 マキナ「ぼ、ぼろ負けしてないもん! ちょっと油断しただけだもん」 ハヤト「一撃だったくせに……」 マキナ「うるさーいっ! っていうか待てーっ!」 第2話『ディストルーク・ハリエットの影』 マキナ「はう~。やっとたっくん見られる~」 レイス「……人が局長に気の重たい報告をしているときにそういうことをされると地味に腹立つわよね」 ハヤト「ご愁傷様だな」 レイス「……主にハヤトくんの報告なんだけど?」 ハヤト「……ノーコメントでお願いします」 第3話『再会!?』 ハヤト「逃げ切れたと思ったらあんな場所で鉢合わせとか……マジでありえねえ……」 マキナ「映画館だもんねぇ」 レイス「そして魔法少女グッズ……ふふふ」 ハヤト「言うなーっ!」 マキナ「うう。それについては私も複雑だよぅ。あれだけ辛酸を舐めさせられた相手のすごく残念な部分を見せられた気分……」 ハヤト「ほっとけっ!」 レイス「……いや~。二次元限定幼女愛好家もアイドルオタクもわたしから見れば大差ないんだけどなー」 マキナ・ハヤト「「そんなことないっ! 絶対こっちの方がマシだってばっ!」」 レイス「はいはい。低レベルなことで火花散らさないの」 第4話『レイスのおちゃめな罠』 ハヤト「つーかおちゃめで済むようなレベルじゃねえし。いったいどんな悪夢かと思ったぜ……」 レイス「失礼ね~。穏便に事を運んだつもりなのに~」 マキナ「いや、さすがにアレはハヤトに同情するよ。一種のいじめだよアレは……」 ハヤト「だよなぁ」 マキナ「うん。でもレイスにそれ以上文句を言わない方がいいよ。恐ろしい仕返しが待ってるかもしれないから」 ハヤト「う……あり得そうでマジ怖い……」 第5話『天空回廊攻防戦』 マキナ「あれはしんどかったね……」 ハヤト「だな……」 レイス「っていうか新キャラ登場だし? 何あの黒幕一直線的なヒト」 ハヤト「まんま黒幕だろ。逃がしたのは痛かったけどな」 マキナ「うう。めんご……」 ハヤト「まあ気にしなくていい。またチャンスはあるだろうし」 マキナ「うん。次は協力するよ」 ハヤト「期待してる」 レイス「はいはーい。そこ2人だけの空気作らないでくださーい!」 第6話『新しい絆』 レイス「ほらほら、知ってること洗いざらい吐きなさいよ。カツ丼出すわよ」 ハヤト「……なんで刑事の取り調べ風?」 マキナ「お腹空いた……」 レイス「そうだねマキちゃん。じゃあごはん食べにいこっか」 マキナ「いく!」 ハヤト「って、待てー! なんで俺まで引きずっていくんだーっ! はーなーせーっ!」 終章『銀冠のウィザード』 ディストルーク「おや。我々の出番もあるようだ。メインキャスト扱いしてもらえている、ということかな?」 ムツミ「……いや、単純にこの章って僕たちしか登場していないから他のキャスティングが出来なかっただけだと思いますよ」 ディストルーク「ははは。まあどうでもいいことだ。せっかくの出番なのだから楽しもうじゃないか」 ムツミ「出番っていうか、紹介なんですけどね」 ディストルーク「というわけでラスボス予定のディストルークだ。みんなよろしく。いえーい」 ムツミ「ラスボスの配下そのいち、ムツミです。よろしくお願いします」 ディストルーク「さあ! 黒幕っぽく暗躍するぞ!」 ムツミ「了解です、博士」 ジャンル:ライトノベル 作・画:水月さなぎ 文字数:96,927字

はつら綾之助半鵺の子100円

妖である鵺(ぬえ)と人間のあいの子である鵺太郎(やたろう)は師である浪之助(なみのすけ)と旅をしていた。江戸にたどり着いたある日、鵺太郎は咲夜(さくや)という少女に出会う。  少女の喧嘩を助けたのがきっかけで、二人は咲夜の家に招かれることになったが、浪之助は謎の敵に襲われ……

はつら天狗姫150円

璃石(りし)と獻瑪(ささめ)は鬼導師の村に住む仲の良い兄弟。しかしある日、璃石が闇天狗にさらわれてしまう。璃石は魂を奪われ、獻瑪は家を飛び出す。  その数年後、獻瑪は璃石と再会を果たすが、彼は闇天狗となり人間であったときのことを忘れてしまっていた。  璃石は、天狗界を納める王、鳴子の娘である癒簾に仕えていた。ある日、町を鬼が襲う。鬼退治を決意する癒簾に渋々力を貸す獻瑪だが、何もできぬまま大熄(そく)俎(しょ)の日を迎えようとしていた。大熄俎では鬼が力を増し、天狗が無力になってしまうのだ。そんな中、璃石は突然の裏切りを見せる。璃石はなんと……。

水月さなぎあたし、魔王になります!100円

魔界から魔王が姿を消して十八年が経過していた。 その間、魔界は魔王の側近によって統治されていたが、ある日、魔界の巫女姫が魔王の生存を告げる。 魔王に忠誠を誓っていたシャリオは、主を魔界に連れ戻すべく人界へと赴く。 しかしそこで出会ったのは、力を無くしたかつての主と、魔王の力を受け継いだ人間の少年だった。 かつての主はシャリオに告げる。 次の魔王になれと。 主の道具として生きることを目標にしていたシャリオにとって、その言葉はあまりにも重いものだった。 しかしシャリオは決意する。 道具ではなく、シャリオ自身として生きるために魔王になることを。

日野祥男KAMISORI陽之助200円

幕末、陽之助の師「坂本竜馬」は謎の集団に暗殺され、 維新の無血革命の火は消えようとしていた。 しかし、竜馬は自らの死を前にして最後の一手を残していた…。 その手紙を託された陽之助は戦雲迫る江戸、勝海舟の元へ急ぐ。 だが、その道中は「手紙」を無きものとする幕閣の指令により 派遣された手練達との死闘が待っていた。 幼いころから剣技が全くできない陽之助に勝ち目はあるのか。 そして陽之助は幕末史上永遠の謎を知る事になる… 後に剃刀大臣とあだ名される「陸奥宗光」 若き日を描く!

齊官英雄女渡世人~居合いのお倫~200円

 鳥追いのお倫は、居合いのお倫、と異名をとる凄腕の女渡世人であるが、五年前までは土産物屋を営む大店の町娘であった。或る秋祭りの帰途に、酒に酔った浪人二人に陵辱されたお倫は川へ身を投げたが、老剣客菅谷十内に助けられ、その庵で、お倫は自ら望んで剣の手解きを受けて居合いの術を究めた。  これは、身も心もボロボロになったお倫が門付けの鳥追いに身を窶しながら憎い仇を求めて流離う、剣が舞い落花が舞う傑作時代小説である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”がかよわき乙女を救う! コミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、 54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”がかよわき乙女を救う! コミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、 54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”がかよわき乙女を救う! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”が最強の敵からかよわき乙女を救う! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”が、最強の敵から「かよわき乙女」を救う! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”が、かよわき乙女を救う! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、 54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”が、露出狂に怯える街のかよわき乙女を救う! コミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、 54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

世界初の”全裸ヒーロー”が、露出狂に怯える街のかよわき乙女を救う! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

露出狂に怯える街のかよわき乙女を、世界初の”全裸ヒーロー”が救う! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

​露出狂に怯える街のかよわき乙女を救う、世界初の”全裸ヒーロー”の物語。 これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

極悪露出狂に怯える街の乙女を世界初の”全裸ヒーロー”が救う、あの世界中が呆れ果てた「マッパGOGO!」がついに電子書籍版を先行配信! じき発売予定の紙版よりこちらの電子版のほうがだいぶお得(40パーセント~OFF)! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

丹阿弥清次ホラー小説「彷徨」100円

東京の大学に通う萩原新一郎は父​の死でやむなく島​根の実家に帰らな​ければならなかっ​た。父の多額の借​金返済のため大学​を中退し、職を転​々とした末、近く​のガラス食器工場​で働き始めた。そ​こで出会った職場​の露子と同棲する​ことになる。ある​日、営業で松江に​訪れると、偶然、​大学時代の級友伊​藤に出会い、二人​はその晩、松江の​繁華街で久しぶり​に酒を飲み交わす​。互いに酔いが廻​り夜が深ける頃、​伊藤からもし妹と​結婚すれば何不自​由のない生活を保​証すると好条件を​提示され……。交​錯し合う恐怖。小​泉八雲の「和解」​をオマージュした​本格ホラー小説。​

丹阿弥清次ホラー小説「愛妻」改訂版100円

広告代理店の名古屋支社から東京本社に栄転になった朝岡達也は妻の久美子とともに48階建ての高層マンションに暮らし始めた。環境が急に変わったためか久美子軽い鬱病になって、症状は日に日に悪化してしまう。たまに成城に嫁いだ由香も心配して面倒を見にやってきてくれるが回復しそうにも無かった。朝岡も度重なる業務のトラブルで久美子を世話できず、家政婦を雇うことにしたが……。愛する妻が次第に狂って行くサイコホラー。

100円

君は・・・男たちの慟哭が聞こえるか・・・。 愛に生き、愛を信じ、愛に死んだ男たち。 そこには何が残るのか・・・。 中年たちの正義の奮闘記、ここに!(偽乳戦隊パイスラッシャー) 女はほくそ笑む。計算通りだと。(絡新婦)

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

極悪露出狂に怯える街の乙女を世界初の”全裸ヒーロー”が救う、あの世界中が呆れ果てた「マッパGOGO!」がついに電子書籍版を先行配信! じき発売予定の紙版よりこちらの電子版のほうがだいぶお得(40パーセント~OFF)! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ、いうなれば「一コマ漫画」の壮大な抒情詩である。

丹阿弥清次ホラー小説「愛妻」改訂版100円

広告代理店の名古屋支社から東京本社に栄転になった朝岡達也は妻の久美子とともに48階建ての高層マンションに暮らし始めた。環境が急変したためか久美子は鬱病になり、症状は日に日に悪化してしまう。成城に嫁いだ娘の由香も心配して世話にきてくれるが回復する兆しは無かった。朝岡も会社のトラブルが続き、久美子の面倒を見れず、家政婦を雇うことにしたが……。愛する妻が次第に狂って行くサイコホラー。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

「トミタプロダクションズのガチおとなのえほんシリーズ」第一弾! 極悪露出狂に怯える街の乙女を世界初の”全裸ヒーロー”が救う、あの世界中が呆れ果てた「マッパGOGO!」がついに電子書籍版を先行配信! じき発売予定の紙版よりこちらの電子版のほうがだいぶお得(40パーセント~OFF)! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ、いうなれば「一コマ漫画」の壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!400円

「トミタプロダクションズのガチおとなのえほんシリーズ」第二弾! 極悪露出狂に怯える街の乙女を世界初の”全裸ヒーロー”が救う、あの世界中が呆れ果てた「マッパGOGO!」がついに電子書籍版を先行配信! じき発売予定の紙版よりこちらの電子版のほうがだいぶお得(40パーセント~OFF)! これはコミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、54ページにもおよぶ、いうなれば「一コマ漫画」の壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!100円

世界初の”全裸ヒーロー”がかよわき乙女を救う! コミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、 54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。

トミタプロダクションズマッパGOGO!150円

世界初の”全裸ヒーロー”がかよわき乙女を救う! トミタプロダクションズ[ガチおとなのえほんシリーズ] 第二弾! コミックのようでコミックではない、絵本のようで絵本でもない、 54ページにもおよぶ壮大な抒情詩である。